お悩み解決Q&A

ホーム > お悩み解決Q&A

リロの留守宅管理のサービス詳細について

入居者の暮らしに定休日はありません。クレームやトラブル・事故の対応は、時間がたってしまうと解決はより困難に。私たちがこれまでに相談を受けたオーナー様の お悩みと解決方法をご紹介します。

長期空室を早く満室にしたい

空き室解消のポイント

①さまざまなルートで入居者募集を行う。
通常の賃貸管理業者・不動産会社は、集客の方法が大手ポータルを使うなど似通ってしまい、複数の業者と契約しても結局出ている広告は同じ場合が多くあります。賃貸経営・不動産投資では、より独自性の強い入居者獲得方法を持っている会社をパートナーにするべきです。

②入居者の負担を減らす。
敷金・礼金・仲介手数料などの負担は、入居者の意思決定に大きく左右する賃貸経営のポイントです。できるだけ、敷金・礼金・仲介手数料を抑えられる業者を選びましょう。

③建物、空室の美化
募集の段階での写真や、内見時の第一印象は、非常に大きな入居者の意思決定要因になります。建物や空き室の美化を維持することで、入居率が高まります。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リログループは、法人企業1万社にサービスを提供している会社です。実は、この福利厚生サービスの一環として法人の従業員の方に物件を紹介し、入居していただく、独自の入居者応募ルートを持っているため、他社と比べて入居までの時間が短いのです。さらに、大手の優良企業が多いため、滞納や部屋の汚れ、マナーなどが悪いケースが少ないです。

②リロの留守宅管理は、入居者との契約は、すべてリロが締結します。そのため、入居者にとっては、仲介手数料が必要ありません。仲介をする不動産業者では、0.5ヶ月~1ヶ月の仲介手数料を取るのが一般的ですので、入居者の負担は、より軽くできます。

③リロの留守宅管理は、賃貸斡旋に必要なリフォームを徹底して行うため、不動産投資に最適です。

ページ先頭へ

初めて物件の管理を任せたい

初めて物件の管理を依頼する業者選定のポイント

①集客力・募集力に関して信用ができる。
賃貸運営・不動産投資をする中で一番気になるのが入居者がどれだけ早く付き、成約に至るかです。様々な集客方法、独自の集客方法を持っているかが賃貸経営のポイントとなります。

②会社全体がその地域の情報をよく知っている。
お客様の大切な財産を管理するわけですから、その会社がその物件のことはもちろん、その地域に精通しているかをポイントに選びましょう。

③担当社員が責任をもって身近に接している。
会社の信用だけでなく、担当社員がどれだけ親身になって相談に対応してくれるか、また、状況報告などのコミュニケーションが充実しているかをポイントに選びましょう。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リログループは、法人企業1万社にサービスを提供している会社です。実は、この福利厚生サービスの一環として法人の従業員の方に物件を紹介し、入居していただく、独自の入居者応募ルートを持っているため、他社と比べて入居までの時間が短いのです。さらに、大手の優良企業が多いため、滞納や部屋の汚れ、マナーなどが悪いケースが少ないです。

②リロは管理実績10万戸という膨大な取引実績をベースに豊富なノウハウを持っております。また、営業担当者、物件管理担当者が常に地域情報を収集し、全社でその情報を共有する仕組みを持っています。

③お客様ひとりに対し、営業担当者、物件管理担当者とそれぞれの業務分野のエキスパート、不動産投資のエキスパートがお客様の立場で提案を実施します。

ページ先頭へ

家賃を代わりに回収して欲しい

家賃回収を任せるポイント

①家賃滞納を保証してくれるサービスがある。
賃貸経営では家賃滞納を自己で対応するには相当な負担がかかります。家賃回収業務をサービスとして提供している賃貸管理会社を選びましょう。

②身元が明確な入居者を紹介してくれる。
そもそも家賃滞納する方は、モラルが著しく低いもしくは収入が見合っていないなどの要因があります。身元がしっかりしている入居者選びが賃貸経営のポイントとなります。

③入居者審査が充実している。
不動産仲介は契約が成立して初めて業者のフィーが発生するため、契約を決めることを優先に考えがちです。入居者選びの基準が明確な会社を選ぶべきです。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リロの留守宅管理には家賃滞納保証サービスが基本管理料の中に標準装備として備わっています。滞納の問題解決には多くのノウハウを持っているため、賃貸経営を安定化させます。

②入居者の斡旋はリログループの取引企業1万社を中心に行われるため、優良な企業の従業員を中心に入居者の紹介を行います。これは法人との強いパイプを多く持つリロの留守宅管理の大きな特徴です。

③入居審査はリログループ内にある金融専門会社が対応しており、高レベルで充実した審査機能が備わっております。

ページ先頭へ

相続税対策を相談したい

相続税対策を相談するポイント

①会社に税務に精通した社員がいる。
会社に宅建主任者はもちろんのこと、ファイナンシャルプランナーなどの資格保持者が多く在籍している賃貸管理会社を選ぶのがポイントとなります。

②相続税対策による事例を多く持っている。
事例を多く持っていると提案の内容に幅があり、具体的になります。管理実績が多い賃貸管理会社を選ぶのがポイントとなります。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リログループは宅建主任者資格保持者が多く在籍しており、法律・税務などの相談に十分対応できる能力を持っているのが特徴です。また、会社が法律・税務に関する資格取得を全面的にバックアップしています。

②リロの留守宅管理は10万戸という莫大な管理実績を誇っており、多くの事例、ノウハウがあります。当然、相続税対策のお客様対応事例も多く持っているのが特徴です。

ページ先頭へ

入居者クレームの対応が大変

入居者クレーム対応のポイント

①多岐にわたるクレームに、素早く対応する。
賃貸経営に付きものの入居者からのクレームは、生活騒音、ゴミだし、駐車場、ペット関連、用途外の使用・・・など、ありとあらゆるクレームが想定されます。できるだけ、素早く誠実に対応するチカラが求められます。

②入居者とのコミュニケーションが充実している。
入居者からのクレームは、何らかの設備不具合が発生し、その対応の初動に問題があるから発生するものです。入居者とのコミュニケーションが充実しているとクレームが未然に防げます。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リロの留守宅管理は管理会社として専門の部署人員を設置しており、そのクレームをデータベース化して共有されております。賃貸経営におけるクレームを熟知した会社であります。

②管理件数10万戸の実績により、多くの経験とノウハウを保有しているため、クレームに対応する術はもちろんのこと、未然に防ぐ方法を知っている賃貸管理会社です。

③入居者においても専属の担当者を設置しており、その物件そのものを熟知しているため、入居者とのコミュニケーションが十分に取れています。また、戸建においては弊社のスタッフが巡回するなどコミュニケーションが充実しております。

ページ先頭へ

家賃滞納の督促が大変

家賃回収を任せるポイント

①家賃滞納を保証してくれるサービスがある。
家賃滞納を自己で対応するには相当な負担がかかります。家賃回収業務をサービスとして提供している賃貸管理会社を選びましょう。

②身元が明確な入居者を紹介してくれる。
そもそも家賃滞納する方は、モラルが著しく低いもしくは収入が見合っていないかなどの要因があります。身元がしっかりしている入居者選びがポイントとなります。

③入居者審査が充実している。
不動産仲介は契約が成立して初めて業者のフィーが発生するため、契約を決めることを優先に考えがちです。入居者選びの基準が明確な会社を選ぶべきです。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リロの留守宅管理には家賃滞納保証サービスが基本管理料の中に標準装備として備わっています。滞納の問題解決には多くのノウハウを持っているため、賃貸経営を安定化させます。

②入居者の斡旋はリログループの取引企業1万社を中心に行われるため、優良な企業の従業員を中心に入居者の紹介を行います。これは法人との強いパイプを多く持つリロの留守宅管理の大きな特徴です。

③入居審査はリログループ内にある金融専門会社が対応しており、高レベルで充実した審査機能が備わっております。

ページ先頭へ

賃料条件交渉にどう対応すれば良いのか

賃料条件交渉を任せるポイント

①会社全体が不動産投資のトレンドと市況を十分に把握している。
賃料条件交渉にはその根拠となる情報が必要です。勘に頼ることなく、過去から現在までの取引事例を豊富に持っているなど、市況を十分に把握しているかが大切です。

②会社全体がその地域の情報をよく知っている。
お客様の大切な財産を管理するわけですから、その会社がその物件のことはもちろん、その地域に精通しているかをポイントに選びましょう。

③賃貸管理会社が賃料条件交渉の主体となっている。
条件交渉の主体となることで、交渉の充実度が異なります。賃貸借契約の主体になっているのであれば安心できると考えられます。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リロの留守宅管理は各地域の不動産業者3000店舗をネットワークしており、市況状況がリアルに入ってくる仕組みがあります。また、取引事例も豊富にあるため、適正な条件交渉が可能となり賃貸経営を安定化させます。

②リロは管理実績10万戸という膨大な取引実績をベースに豊富なノウハウを持っております。また、営業担当者、物件管理担当者が常に地域情報を収集し、全社でその情報を共有する仕組みを持っています。

③リロが借主となり貸主となる転貸借契約の形態であるため、すべての交渉事はリロが行うこととなります。主体性を持って交渉が進められるため安心していただけると考えます。

ページ先頭へ

期間を限定して空き室を貸したい

期間限定の賃貸を任せるポイント

①期間限定の賃貸管理に精通している。
転勤留守宅管理などの期間限定の賃貸に精通しており、その経験が豊かで、ノウハウを十分に保有している賃貸管理会社を選ぶべきです。

②期間限定物件を借りる顧客を抱えている。
転勤者、建替え需要などのあらゆる顧客層を抱えており紹介できる会社、または期間限定を専門に取り扱っている賃貸管理会社を選ぶのがポイントです。

③入居者が付かなくても空家を保全するサービスがある。
期間を限定すると入居者が付きにくくなります。たとえ、入居者が付かない場合でも物件を保全するサービスがある賃貸管理会社を選ぶのが良いと考えられます。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リロの留守宅管理はもともと転勤留守宅管理を専門に取り扱っており、経験ノウハウは十分です。転勤者の留守宅管理においては業界では一番の実績があります。

②リロは法人の転勤者情報を常に把握しており、物件を案内する独自のルートを持っています。また、3000店舗の不動産業者ネットワークの中には、期間限定物件を専門に仲介している業者もあり、紹介先を多く持っています。不動産投資で一番のリスクである長期の空き室を解決できます。

③リロのサービスの一つに空家を清掃などして保全する空家管理サービスがあります。比較的安価な価格帯で提供しており、充実した内容となっているのが特徴です。

ページ先頭へ

貸出期間中の修繕メンテナンス費用もばかにならない

賃貸期間中の修繕メンテナンスに関するポイント

①修繕費、メンテナンス費は極力抑えてくれる。
家を貸していると修繕費、メンテナンス費はかかるもの。その費用の中でも突発的なものは極力かけずに済ませることができるサービスを用意している賃貸管理会社を選びましょう。

②修繕メンテナンスが発生したときは迅速に対応する。
修繕メンテナンスを速やかに実施できないとクレームの元となります。クレームに対して迅速に対応できる体制を整えている賃貸管理会社を選ぶことは重要です。

③修繕メンテナンスに関する専門部門がある。
修繕メンテナンスについては専門性が高い業務となるため、専門の部署が設置されており、多くのノウハウを持っている賃貸管理会社を選ぶのがポイントです。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リロの留守宅管理にはリロメンテフリーというオプションサービスが用意されており、5万円までの修繕費についてはリロが負担するサービスとなります。(同一箇所1回のみ)

②リロの留守宅管理には賃貸経営のリフォーム専門の部門が用意されており、また土日祝日も対応可能となっております。修繕メンテナンスについては迅速に対応できる体制となっております。

③前述のとおり、リロの留守宅管理にはリフォーム専門の部門があります。管理実績10万戸による豊富な経験とノウハウにより迅速で確実な対応が可能となります。

ページ先頭へ

入居者のマナーが悪い、入居者同士のトラブルが起こる

入居者クレーム対応を任せるポイント

①管理会社が入居者交渉の主体となっている。
入居者交渉の主体となることで、交渉の充実度が異なります。賃貸借契約の主体になっているのであれば安心できると考えられます。

②経験とノウハウが豊かである。
多くの物件管理実績があることで、豊かな経験とノウハウがある会社は、クレームに対する方法を熟知しており、安心して任せることができます。

③入居者とのコミュニケーションが充実している。
入居者からのクレームは、何らかの設備不具合が発生し、その対応の初動に問題があるから発生するものです。入居者とのコミュニケーションが充実しているとクレームが未然に防げます。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①リロの留守宅管理は管理会社として専門の部署人員を設置しており、そのクレームをデータベース化して共有されております。クレームを熟知した会社であります。

②管理件数10万戸の実績により、多くの経験とノウハウを保有しているため、クレームに対応する術はもちろんのこと、未然に防ぐ方法を知っている会社です。

③リロが借主となり貸主となる転貸借契約の形態であるため、すべての交渉事はリロが行うこととなります。主体性を持って交渉が進められるため安心していただけることと考えます。

ページ先頭へ

入居者の契約時の申告に虚偽があった

契約内容の虚偽を防ぐポイント

①入居者審査が充実している。
不動産仲介は契約が成立して初めて業者のフィーが発生するため、契約を決めることを優先に考えがちです。入居者選びの基準が明確な賃貸管理会社を選ぶべきです。

②身元が明確な入居者を紹介してくれる。
入居者の属性は、会社の募集方法等により大きく異なります。身元がしっかりしている入居者に対して募集活動を実施しているかが賃貸経営のポイントとなります。

③賃貸借契約の主体となっている。
管理会社が賃貸契約の主体となることで、あらゆるトラブルを管理会社が対応することとなります。賃貸管理会社が賃貸借契約の主体になっているのであれば安心できると考えられます。

リロの留守宅管理は、ここが違う

①入居審査はリログループ内にある金融専門会社が対応しており、高レベルで充実した審査機能が備わっております。

②入居者の斡旋はリログループの取引企業1万社を中心に行われるため、優良な企業の従業員を中心に入居者の紹介を行います。これは法人との強いパイプを多く持つリロの留守宅管理の大きな特徴です。

③リロが賃貸借契約の主体となるため、何かトラブルが発生した場合はリロが主体となって対応することになります。事前審査も充実しておりますが、何かあった場合でもリロが対応するので安心いただけます。

ページ先頭へ

ネットで24時間いつでもOK!無料相談受付中!

東京03-3354-8181営業時間9:00~17:30(定休日なし)大阪06-4797-8633営業時間9:00~17:30(毎週水曜日定休)